fc2ブログ
    中公新書

    考えることの科学―推論の認知心理学への招待 (中公新書) 市川 伸一
    人はいかに学ぶか―日常的認知の世界 (中公新書) 稲垣 佳世子 波多野 誼余夫
    問題解決の心理学―人間の時代への発想 (中公新書 (757)) 安西 祐一郎
    不況のメカニズム―ケインズ「一般理論」から新たな「不況動学」へ (中公新書 ) 小野 善康
    経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには (中公新書) 大竹 文雄
    戦略的思考の技術―ゲーム理論を実践する (中公新書) 梶井 厚志
    科学者という仕事―独創性はどのように生まれるか (中公新書 (1843)) 酒井 邦嘉
    理科系のための英文作法―文章をなめらかにつなぐ四つの法則 (中公新書) 杉原 厚吉
    大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史 (中公新書) 苅谷 剛彦
    美の構成学―バウハウスからフラクタルまで (中公新書) 三井 秀樹
    続・発想法 (210) 川喜田 二郎
    教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書) 竹内 洋
    安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書) 山岸 俊男
    イギリスのいい子日本のいい子―自己主張とがまんの教育学 (中公新書) 佐藤 淑子
    身ぶりとしぐさの人類学―身体がしめす社会の記憶 (中公新書) 野村 雅一
    数学受験術指南 (中公新書 (607)) 森 毅
    心の起源―生物学からの挑戦 (中公新書) 木下 清一郎
    時間と自己 (中公新書 (674)) 木村 敏

    中公新書は玉石混淆、ベストセラーも多いけど、数年後にはカスになる本だったりする場合も多いです(どこの新書でもそうですが)。重複を避けるようにリストはつくりました。
     元禄時代の地理書・博物書『華夷通商考(かいつうしょうこう)』は、通商
    すべき外国とその物産を列記したもので、世界55カ国を網羅していて江戸時
    代の海外情報事典の感がある。多数の国を列挙するのだから、当然、その分類
    というものがあって、江戸っ子の国際感覚がほのみえる。

     『華夷通商考』において、朝鮮は「外国」である。
     『華夷通商考』において、琉球は「外国」である。
     『華夷通商考』において、占城(チャンパ)は「外国」である。
     『華夷通商考』において、日本も「外国」である。
     『華夷通商考』において、オランダは「外夷」である。
     『華夷通商考』において、スペインは「外夷」以下である。
     『華夷通商考』において、フィリピンも「外夷」以下である。
     『華夷通商考』において、中国は「外国」以上である。

    『華夷通商考』におけるヒエラルキーはだいたい、こんな感じになっている。

     中国 > 「外国」 > 「外夷」 > カトリック圏

    バテレンは「許されざるもの」だから最低なのである。

    『華夷通商考』における「外国」は、支那(清)=中国をその名の通り中心に
    すえた、その下に位置する国々、おおざっぱにいえば漢字文化圏のことであ
    り、「外国」とは支那=中国にとっての外国なのである。これは日本にとって
    スタンダートな「外交」範囲を意味し(たとえば朝鮮通信使や琉球使節など
    )、当然のことながら日本を含む。日本は「外国」の一部なのである。

     「外国」=漢字文化圏の外に位置する国々、たとえばヨーロッパの一国であ
    るオランダなどが「外夷」となる。これも、同じく支那=中国を中心にすえ
    た、同心円的ヒエラルキーの上の名称である。

     支那=中国は、日本の外(よそ)の国であるが、このヒエラルキー自体を成
    り立たせる中心なので、「外国」とは呼ばれない。


    日本水土考・水土解弁・増補華夷通商考 (岩波文庫)日本水土考・水土解弁・増補華夷通商考 (岩波文庫)
    (1997/03)
    西川 如見飯島 忠夫

    商品詳細を見る
     「思想」な人が、ソシュールとか読んできて言語学を語ったりするのはいい加減にしてもらいたい。あなたが読むべきはソシュールでもヤコブソンでも、ましてやチョムスキーでもなくて、フロムキンだろうが、という大変真っ当なご意見があった。ここでフロムキンというのは人の名前で、版を重ねる言語学の定番教科書を指している(「あかずきん」でそれをかぶっている少女を指すようなものだ)。

     その分野では常識であることが、外からはなかなか分かりにくい。特に分かりにくい本を読むのが勉強だと思っている人たちからすると、とってもわかりやすく書いてある「教科書」を読むことに思い至らなかったりする。

     以下のリストは、まったくのやっつけだが、とりあえずあげてみる。

     関連してそうな記事に「○○学史で,○○学を,ざっくり学ぶ」というのがあった。思い出させてくれた人、ありがとう。

    ・物理学
    (本命)ハリディ 
    物理学の基礎〈1〉力学物理学の基礎〈1〉力学
    (2002/02)
    D. ハリディJ. ウォーカ

    商品詳細を見る

    物理学の基礎〈2〉波・熱物理学の基礎〈2〉波・熱
    (2002/10)
    D. ハリディJ. ウォーカー

    商品詳細を見る

    物理学の基礎[3] 電磁気学物理学の基礎[3] 電磁気学
    (2002/11)
    D. ハリディJ. ウォーカー

    商品詳細を見る


    (大穴)ファインマン

    ファインマン物理学 (1)ファインマン物理学 (1)
    (1986/01)
    ファインマン

    商品詳細を見る

    ファインマン物理学 (2)ファインマン物理学 (2)
    (1986/02)
    ファインマン

    商品詳細を見る

    ファインマン物理学 (3)ファインマン物理学 (3)
    (1986/01)
    ファインマン

    商品詳細を見る

    ファインマン物理学 (4)ファインマン物理学 (4)
    (2002/09)
    ファインマンレイトン

    商品詳細を見る

    ファインマン物理学 (5)ファインマン物理学 (5)
    (1986/04)
    ファインマン

    商品詳細を見る


    ジャクソン 電磁気学
    電磁気学 (上) (物理学叢書 (90))電磁気学 (上) (物理学叢書 (90))
    (2002/07)
    J.D.ジャクソン

    商品詳細を見る

    ジャクソン電磁気学〈下〉 (物理学叢書)ジャクソン電磁気学〈下〉 (物理学叢書)
    (2003/02)
    J.D. ジャクソン

    商品詳細を見る


    桜井純『現代の量子力学』
    現代の量子力学〈上〉 (物理学叢書)現代の量子力学〈上〉 (物理学叢書)
    (1989/02)
    桜井 純

    商品詳細を見る

    現代の量子力学〈下〉 (物理学叢書)現代の量子力学〈下〉 (物理学叢書)
    (1989/05)
    桜井 純

    商品詳細を見る


    ・化学
    マッカーリ「物理化学ー分子論的アプローチ」
    物理化学―分子論的アプローチ〈上〉物理化学―分子論的アプローチ〈上〉
    (1999/12)
    D.A. マッカーリJ.D. サイモン

    商品詳細を見る

    物理化学―分子論的アプローチ〈下〉物理化学―分子論的アプローチ〈下〉
    (2000/02)
    マッカーリサイモン

    商品詳細を見る

    「シュライバー・アトキンス無機化学」
    シュライバー・アトキンス 無機化学〈上〉シュライバー・アトキンス 無機化学〈上〉
    (2008/01)
    Peter AtkinsJonathan Rourke

    商品詳細を見る

    シュライバー・アトキンス 無機化学〈下〉シュライバー・アトキンス 無機化学〈下〉
    (2008/07)
    アトキンスJonathan Rourke

    商品詳細を見る

    マクマリー「有機化学」
    マクマリー有機化学〈上〉マクマリー有機化学〈上〉
    (2009/02)
    マクマリー

    商品詳細を見る

    マクマリー 有機化学〈中〉マクマリー 有機化学〈中〉
    (2009/03)
    マクマリー

    商品詳細を見る

    マクマリー有機化学〈下〉マクマリー有機化学〈下〉
    (2009/03)
    マクマリー

    商品詳細を見る

    ・生物学
    (本命)「キャンベル生物学」
    キャンベル生物学キャンベル生物学
    (2007/03/24)
    小林 興、

    商品詳細を見る

    (対抗)Purves「Life:The Science of biology」
    Life: The Science of BiologyLife: The Science of Biology
    (2009/10/12)
    David SadavaH. Craig Heller

    商品詳細を見る


    (その他)
    細胞の分子生物学
    細胞の分子生物学細胞の分子生物学
    (2004/11)
    Bruce Alberts

    商品詳細を見る

    ヴォート生化学
    ヴォート 生化学〈上〉ヴォート 生化学〈上〉
    (2005/02)
    D. ヴォートJ.G. ヴォート

    商品詳細を見る

    ヴォート 生化学〈下〉ヴォート 生化学〈下〉
    (2005/03)
    Donald VoetJudith G. Voet

    商品詳細を見る

    ・生態学
    (本命)ベゴン「生態学」
    生態学―個体・個体群・群集の科学生態学―個体・個体群・群集の科学
    (2003/04)
    マイケル ベゴンコリン タウンゼント

    商品詳細を見る

    ・人類学
    (本命:自然人類学)ストリンガー「ビジュアル版人類進化大全」
    ビジュアル版人類進化大全ビジュアル版人類進化大全
    (2008/04/11)
    クリス・ストリンガーピーター・アンドリュース

    商品詳細を見る

    (本命:社会人類学)ヘンドリー「社会人類学入門」
    社会人類学入門―異民族の世界社会人類学入門―異民族の世界
    (2002/08)
    ジョイ ヘンドリー

    商品詳細を見る

    (対抗)バーナード
    人類学の歴史と理論 (明石ライブラリー)人類学の歴史と理論 (明石ライブラリー)
    (2005/02/02)
    アラン バーナード

    商品詳細を見る


    ・心理学
    (本命)ヒルガード
    ヒルガードの心理学ヒルガードの心理学
    (2005/11)
    スミスバーバラ・L. フレデリックソン

    商品詳細を見る

    (対抗)Stevens' handbook of experimental psychology
    Stevens' Handbook of Experimental Psychology, Learning, Motivation, and EmotionStevens' Handbook of Experimental Psychology, Learning, Motivation, and Emotion
    (2004/02/05)
    不明

    商品詳細を見る

    ・言語学
    (本命)フロムキン 
    フロムキンの言語学フロムキンの言語学
    (2006/06)
    ビクトリア フロムキンニーナ ヒアムズ

    商品詳細を見る

    (対抗)ランゲージ・ファイル
    ランゲージ・ファイル―英語学概論ランゲージ・ファイル―英語学概論
    (2000/09)
    オハイオ州立大学言語学科、

    商品詳細を見る

    ・経済学
    (本命)マンキュー 
    マンキュー経済学〈1〉ミクロ編マンキュー経済学〈1〉ミクロ編
    (2005/09)
    N.グレゴリー マンキュー

    商品詳細を見る

    マンキュー経済学〈2〉マクロ編マンキュー経済学〈2〉マクロ編
    (2005/09)
    N.グレゴリー マンキュー

    商品詳細を見る

    (対抗)クルーグマン 
    クルーグマン ミクロ経済学クルーグマン ミクロ経済学
    (2007/09)
    ポール クルーグマンロビン ウェルス

    商品詳細を見る

    クルーグマンマクロ経済学クルーグマンマクロ経済学
    (2009/03/20)
    ポール・クルーグマン

    商品詳細を見る


    ・政治学
    (本命)Heywood 
    Politics (Palgrave Foundations S.)Politics (Palgrave Foundations S.)
    (2007/05/29)
    Andrew Heywood

    商品詳細を見る

    (補完)キムリッカ
    新版 現代政治理論新版 現代政治理論
    (2005/11)
    W. キムリッカ

    商品詳細を見る


    ・社会学
    (本命)ギデンズ 
    社会学社会学
    (2009/03)
    アンソニー ギデンズ

    商品詳細を見る

    (対抗)スメルサー
    グローバル化時代の社会学グローバル化時代の社会学
    (2002/02)
    ニール・J. スメルサー

    商品詳細を見る

    (古いけど良書)ブルーム
    社会学―学生版社会学―学生版
    (1988/07)
    ブルーム

    商品詳細を見る

    (偏向してるが非常に使える)コリンズ
    ランドル・コリンズが語る社会学の歴史ランドル・コリンズが語る社会学の歴史
    (1997/08)
    ランドル コリンズ

    商品詳細を見る

    ・宗教学
    (本命)Religions of the World (11th Edition)
    Religions of the World (11th Edition) (MyReligionKit Series)Religions of the World (11th Edition) (MyReligionKit Series)
    (2008/12/22)
    Lewis M. HopfeMark R. Woodward

    商品詳細を見る

    (対抗)マクガイア「宗教社会学」
    宗教社会学宗教社会学
    (2008/05/15)
    メレディス・B. マクガイア

    商品詳細を見る


    ・数学おまけ
    (本命)寺沢 寛一『自然科学者のための数学概論 増訂版改版』
    自然科学者のための数学概論 増訂版改版自然科学者のための数学概論 増訂版改版
    (1983/05)
    寺沢 寛一

    商品詳細を見る







    (関連記事)

    一人で読めて大抵のことは載っている教科書(追記あり) 読書猿Classic: between / beyond readers 一人で読めて大抵のことは載っている教科書(追記あり) 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    一人で読めて大抵のことは載っている教科書(洋書編):数学からラテン語まで 読書猿Classic: between / beyond readers 一人で読めて大抵のことは載っている教科書(洋書編):数学からラテン語まで 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    一人で読めて大抵のことは載っている教科書への助走=子供の本は大人の味方+新書で補う 読書猿Classic: between / beyond readers 一人で読めて大抵のことは載っている教科書への助走=子供の本は大人の味方+新書で補う 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    読書猿Classic: between / beyond readers ○○学史で,○○学を,ざっくり学ぶ 読書猿Classic: between / beyond readers  ○○学史で,○○学を,ざっくり学ぶ このエントリーをはてなブックマークに追加

    読書猿Classic 数学にはネイティブはいない:「語学としての数学」完全攻略=風景+写経アプローチ 読書猿Classic  数学にはネイティブはいない:「語学としての数学」完全攻略=風景+写経アプローチ このエントリーをはてなブックマークに追加

    読書猿Classic 数学にはネイティブはいない:「語学としての数学」完全攻略、その後 読書猿Classic  数学にはネイティブはいない:「語学としての数学」完全攻略、その後 このエントリーをはてなブックマークに追加

    読書猿Classic ゼロから科学再挑戦→最終兵器は「理科離れ」の国にあった!! 読書猿Classic  ゼロから科学再挑戦→最終兵器は「理科離れ」の国にあった!! このエントリーをはてなブックマークに追加



    ... 続きを読む