fc2ブログ
     古い『参考書誌研究』だったと思うが、アメリカの研究者がしばしば「脇見」するのは、そうできるだけのツールが揃っているからだろう、と日本の中国研究者が書いていた。
     彼らは専門外の研究もよく活用するし、専門自体を途中で変える者も少なくない。
     日本の場合は、小さな研究室でトレーニングされて、小さな専門集団の中で一生を終えるのがほとんどなので、トレーニング中に何をどう読めばいいか叩き込まれれば、あとは〈仲間内〉の研究を見ていくだけで、改めて未知の分野に踏み入れ文献を探したりするツールのニーズがない。
     あっても少ないからツールの種類も少ないし改訂されるまでの周期も長いし、改訂されないままであることも多い。
     レファレンス・ツールに頼れないから、自然と頼らない研究生活の仕方が身に付いてしまう、と。
     もちろん、この自己受粉的なディシプリンの再生産は、学際的だったり総合的だったりする研究には不利である。

     何故こんなことを思い出したかと言うと、Green, S. W., Ernest, D., & Holler, F. L. (2005). Information sources of political science. Santa Barbara, Calif: ABC-CLIO. という本を見ていたら、このブログでも紹介した(さっき出したメルマガでもネタに使った)First Stopという百科事典を〈横断検索〉できる本が紹介されていていたからだ。

    Information Sources in Political ScienceInformation Sources in Political Science
    (2004/04)
    不明

    商品詳細を見る


     政治研究系の文献(研究資源)案内書であるこの本の、最初から4番目にFirst Stopは登場する。
     本の構成としては、最初に汎用のレファレンス(General Reference Sources)を紹介する章が来るから、おかしくはない(ポリティカル・サイエンスあるいは社会科学のレファレンスから始めないところに注意すべきかもしれない)。
     では登場する順番に並べてみよう。


    1冊目 American Reference Books Annual.

    American Reference Books Annual 2011 (Arba and Index)American Reference Books Annual 2011 (Arba and Index)
    (2011/03/30)
    Shannon Hysell

    商品詳細を見る

     ……その年に出た参考図書の解説目録。年刊。日本でいうと『年刊参考図書解説目録』。

    2冊目 Annotated Guide to Current National Bibliographies.

    An Annotated Guide to Current National Bibliographies (Ubcim Publications, New Ser., Vol. 18)An Annotated Guide to Current National Bibliographies (Ubcim Publications, New Ser., Vol. 18)
    (1999/06)
    Barbara L. Bell

    商品詳細を見る

    ……世界各国の全国書誌(その国の書物すべてが載ってるもの)についての解説ガイド。日本でいうと『世界の全国書誌』。

    3冊目 ARBA Guide to Subject Encyclopedias and Dictionaries.

    Arba Guide to Subject Encyclopedias and DictionariesArba Guide to Subject Encyclopedias and Dictionaries
    (1997/04/15)
    Susan C. Awe

    商品詳細を見る

    ……過去10年のAmerican Reference Books Annualからのより抜き参考図書の解題書誌。それ以上に古くて使えるものは載せてる。

    4冊目 First Stop: The Master Index to Subject Ecyclopedias.


    First Stop: The Master Index to Subject EncyclopediasFirst Stop: The Master Index to Subject Encyclopedias
    (1989/01)
    Joe Ryan

    商品詳細を見る

    ……なんと、この位置! バリバリ現役だ。色モノっぽく書いて悪かった。さらに9冊目にはFirst Stopが出て以降の百科事典を対象にしたSubject Encyclopedias: User Guide, Review Citations, and Keyword Index.も入ってる。

    5冊目 Guide to Official Publications of Foreign Countries. 2ed ed.


    Guide to Official Publications of Foreign CountriesGuide to Official Publications of Foreign Countries
    (1990/08)
    Gloria Westfall

    商品詳細を見る

    ……各国の政府刊行物のガイド。


    6冊目 Guide to Reference Books 11th ed.


    Guide to Reference BooksGuide to Reference Books
    (1996/02)
    Robert Balay、 他

    商品詳細を見る

    ……定番のレファレンスブック・ガイド、「ベイリー」がこの位置。Guide to Reference Booksは,11版の改訂の間に5人の編者が交代しているので各版はその編者の名前で呼ばれ、それぞれ「クレーガー」「マッジ」「ウィンチェル」「シーヒー」「ベイリー」と通称される。日本でいうと『日本の参考図書』。

    (以下略)


     さて、政治研究者は、百科事典の横断検索書なんて何に使うのだろう?
     解説にこんなフレーズが出てくる。“seeking brief information on out-of-the-way topics”、つまり「脇見」をするために使えるのである。

     百科事典だけでなく専門事典やハンドブック、コンパニオンなどからも項目を集めてあるので、あるトピックがどの事典に載っているかを知ることは、そのトピックがどの分野のものか(どの分野で扱われているか)を知ることを含んでいる。
     つまり事項からはじめて参考図書をページ単位で探すことができるだけでなく、そのトピックを見る視点にはどのようなものがあるのか(どの分野とどの分野がそのトピックを扱っているか)といったことも探すことができる。
     単に複数の事典を横断検索ができるだけでなく、分類索引を使えば、ある分野にはどのようなトピックがあり、それぞれのトピックは他のどの事典(つまりどの分野)でも扱われているかを知ることができる。
     つまりこの横断検索書、コンピレーション・サイクロペディアは、マルチ・ディシプリンを渡り歩く者にとってのコンパスになるのだ。







    (関連記事)
    内容から本を見つける14のサイト 読書猿Classic: between / beyond readers 内容から本を見つける14のサイト 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加


     先に紙の書誌の話(書評を読むな、書誌を読め/存在すら知らぬ本を探すための本 読書猿Classic: between / beyond readers 書評を読むな、書誌を読め/存在すら知らぬ本を探すための本 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加)をしておいて、ネット検索だけを紹介するのでは筋が通らない気がするので、紙の本篇も作ってみた。

     全何巻で、さらに後続が年刊で出ている、といったものが多いので、タイトルだけをあっさり書いてある。
     NACSIS Webcat(総合目録データベースWWW検索サービス) http://webcat.nii.ac.jp にリンクしておいたから書誌データはそちらで補完して欲しい。

     一言だけ申し添えておくと、探している対象(もの)がある程度見えている時は、ネットで探すと話がはやいが、ぼんやりもやもやしている場合は、紙のページをめくって見ていく方が「拾い物」は多い。意識的に見てないところも、目に入ってくるからだろう。
     昨今、そんな探索は「ぜいたく」なのかもしれないが、していけない理由はない。っていうか、やれ。
     いくらか経験しておけば、ネットでの検索も確実に効率が上がり、結果も豊かになる。理由はいろいろあるが、ひとつはどんな言葉で検索すればいいか、そのネタをたっぷり仕込めるからだ。



    1.~についての本を探す(テーマで探す)

    『日本件名図書目録』(日外アソシエーツ)
     件名見出し語のもとに配列してあり、テーマ・主題から探せる。後続の年刊版は「人名・地名・団体名」編と「一般件名」編からなる。

    『国立国会図書館所蔵主題別図書目録』(紀伊国屋書店)
     NDC(日本十進分類コード)順に、『国立国会図書館所蔵蔵書目録』に収録された図書を配列。分類から本を探せる。


    ・全情報シリーズ(日外アソシエーツ/紀伊國屋書店)
     国内で出版された書籍を対象にした、ジャンル別目録。特定のジャンルについて、何十年分をひとまとめに扱えるのが長所。関係のあるジャンルのものを先にざっとでも見ておくと、後で必ずご利益がある。

    『年鑑・白書全情報』
    『辞書・事典全情報』
    『便覧図鑑年表全情報』
    『思想哲学書全情報』
    『心理学の本全情報』
    『宗教の本全情報』
    『伝記・評伝全情報』
    『紀行・案内記全情報』
    『政治・行政問題の本全情報』
    『通貨・金融・保険の本全情報』
    『高齢者問題の本全情報』
    『災害・防災の本全情報』
    『児童教育の本全情報』
    『青少年問題の本全情報』
    『マスコミジャーナリズムの本全情報』
    『民話・昔話全情報』
    『文化人類学の本全情報』
    『天文・宇宙の本全情報』
    『地球・自然環境の本全情報』
    『動物・植物の本全情報』
    『植物・植物学の本全情報』
    『動物・動物学の本全情報』
    『医療問題の本全情報』
    『健康・食事の本全情報』
    『食品・栄養の本全情報』
    『食糧・農業問題の本全情報』
    『原子力問題図書・雑誌記事全情報』
    『服飾・デザインの本全情報』
    『乗り物の本全情報』
    『画集写真集全情報』
    『映画・音楽・芸能の本全情報』
    『スポーツの本全情報』
    『「外国語」の本全情報』
    『「日本語」の本全情報』
    『翻訳小説全情報』
    『児童文学書全情報』
    『日本の小説全情報』
    『日本の詩歌全情報』



    他にも、論文を含む各分野の文献を集めた主題書誌がたくさんある。すべて挙げられる訳もないが、思いつくのを並べてみる。なお、こうした書誌をさがすための書誌(メタ書誌)には、『日本書誌の書誌』『主題書誌索引』『書誌年鑑』『日本書誌総覧』などがある。『日本の参考図書』『邦語文献を対象とする参考調査便覧』ももちろん使える。

    『図書館情報学研究文献要覧』(日外アソシエーツ)
    『図書館学関係文献目録集成』 明治・大正・昭和前期編、戦後編(金沢文圃閣)
    『出版関係文献要覧』(日外アソシエーツ)
    『現代史図書目録』(日外アソシエーツ)
    『史籍解題辞典』(東京堂出版)
    『日本史通史図書目録』(日外アソシエーツ)
    『日本地方史誌目録総覧』(国立国会図書館)
    『地方史文献総合目録』(巖南堂書店)
    『地方史文献年鑑:郷土史研究雑誌目次総覧』(岩田書院)
    『東洋学文献類目』(京都大学人文科学研究所)
    『西洋史図書目録』(日外アソシエーツ)
    『東洋史・西洋史図書目録』(日外アソシエーツ)
    『地理学文献目録』(古今書院)
    『法学文献総目録』(日本評論社)
    『戦後法学文献目録』(日本評論社)
    『法律判例文献情報』(第一法規)
    『邦文法律関係記念論文集総合目録』(国立国会図書館)
    『経済史文献解題』(思文閣出版)
    『経済学文献季報』(同朋舎出版→紀伊国屋書店)
    『経営管理研究実務文献要覧』(日外アソシエーツ)
    『会社史総合目録』(日本経営史研究所)
    『近代会計百年: その歩みと文献目録』(日本会計研究学会)
    『会計学文献目録: 明治・大正・昭和前期』(中央経済社)
    『会計学文献目録大集』(中央経済社)
    『社会学研究文献要覧』(日外アソシエーツ)
    『教育問題の10年雑誌文献目録』(日外アソシエーツ)
    『教育・文化・宗教団体関係図書目録』(日外アソシエーツ)
    『日本民俗学文献総目録』(弘文堂)
    『文化人類学研究文献要覧』 (日外アソシエーツ)
    『エネルギー関係インデックス』(日本政策投資銀行情報センター)
    『技術開発関係インデックス』 (日本政策投資銀行情報センター)
    『広告関係論文レファレンス』(日経広告研究所)
    『ビジネス調査資料総覧』(日本能率協会)
    『比較文学研究文献要覧』 (日外アソシエーツ)
    『中国文学研究文献要覧』(日外アソシエーツ)
    『英米文学研究文献要覧』(日外アソシエーツ)
    『ドイツ文学研究文献要覧』(日外アソシエーツ)
    『フランス語フランス文学研究文献要覧』(日外アソシエーツ)
    『国文学研究文献目録』(国文学研究資料館)
    『国語国文学研究文献目録』(至文堂)
    『国文学年鑑』(至文堂)
    『日本文学研究文献要覧』(日外アソシエーツ)
    『日本文学・語学研究英語文献要覧』 (日外アソシエーツ)



    2.目次、カバー、帯に書かれた内容で探す

    『BOOK PAGE 本の年鑑』(ブックページ刊行会)
    年刊。1年間に刊行された市販新刊図書を約800項目の見出し語のもとにジャンル別に配列。内容要旨や目次の記載があり、内容が確認できる。


    3.収録作品で探す

    『全集・叢書細目総覧』(紀伊国屋書店)
     日本人が国初より幕末までに著した著作を個々の作品名から検索できる。

    『現代日本文学綜覧シリーズ』(日外アソシエーツ)
     現代日本文学の文学全集、個人全集を対象。全集名、作家名の他に、作品名からも検索できる。

    『世界文学綜覧シリーズ』(日外アソシエーツ)
     世界文学の全集それぞれに収録されている作品を一覧できる。

    『文庫総目録』(福家書店)
     書名索引で、タイトルにあがっていない作品名からも検索できる。

    『全集・合集収載翻訳図書目録』(日外アソシエーツ)
     全集・短篇集・論文集などに収録されている著作を検索できる。



    4.あらすじ、登場人物で探す

    (あらすじで探す)
    『明治文学全集』(筑摩書房)
     全99巻に収録されている作品について、別巻 総索引を使うことで語句及び事項から収録作品・箇所を検索できる。

    『日本古典文学大系』(岩波書店)
     全100巻に収録されている古典作品について、別巻1,2の総索引を使うことで語句及び事項から、掲載作品・箇所を検索できる。

    『日本昔話事典』(弘文堂)
     話型(昔話のタイプ)や昔話に登場する要素(植物、動物等)などを見出し項目として昔話を検索できる。

    『「説話」大百科事典 大語園』(名著普及会)
     巖谷小波プロデュースによる日本、中国、朝鮮、インドに流布する神話、伝説等の集め、主題によって諸神、神仙、奇蹟など25部門に分類した事典。第10巻に、社寺や建築、動植物、人名などから引ける索引もある。吉川英治や手塚治虫が、創作の参考にしたというレファレンス。

    Fiction index : a guide to over 10,000 works of fiction.
    Short story index : an index to 60,000 stories in 4,320 collections.
     小説および短編小説(おおよそ150ページ以下)の著者、タイトル、主題(小説に登場する具体的な事柄(特定の場所、歴史事項など)や抽象的な事柄(嫉妬、愛、復讐など))による索引。

    絵本の住所録―テーマ別絵本リスト(法政出版)
     400以上のテーマから捜せる。架空のもの、乗り物、仕事など、10の大分類と仕掛け絵本、ミニ版絵本など、絵本の形式からも探せるようになっている。同種のものに『親子で楽しむ絵本100冊』、『えほん 子どものための300冊』、『こんなとき 子どもに この本を』、『心を育てる絵本のリスト』、『私たちの選んだ子どもの本』など。


    (登場人物で探す)

    『架空人名辞典 日本編、欧米編』(教育社)
    『日本架空伝承人名事典 増補版』(平凡社)
    『欧米文芸登場人物事典』(大修館書店)

    『日本現代小説大事典 増補縮刷版』(明治書院)
     作品編に明治以降の小説2,200作品のあらすじと解説を掲載。巻末に「主要な登場人物(主人公)索引」あり。
    『大衆文学事典 増補』(青蛙房)
     巻末に「作中主要人物索引」がある。

    『日本のミステリー小説登場人物索引』(DBジャパン)
    『翻訳ミステリー小説登場人物索引』(DBジャパン)
    『歴史・時代小説登場人物索引』(DBジャパン)


    0.連想で探す

    Webcat Plus連想検索 http://webcatplus.nii.ac.jp
     文章を入力し、そこから「連想」される本を探してくれる。

    ThisOneNext.com? http://www.thisonenext.com/search
     自分が読んだ洋書の作者と本、聞いた曲名等を入力すると、次に読むべき本やCD、ビデオなどを推薦してくれる。



    1.~についての本を探す(テーマで探す)


    ・大抵の図書館の検索システム
    たとえば総合目録ネットワークシステム(ゆにかねっと)で、「件名」欄に入力して検索

    新書マップ http://shinshomap.info/
     あるテーマに最適な入門書・概説書を連想検索機能で、新書・選書約1万2千冊から推薦する



    2.目次、カバー、帯に書かれた内容で探す

    Webcat Plus Minus http://webcatplus.nii.ac.jp/pro/
     「フリーワード」欄に入力したキーワードが、本のタイトル、著者(責任表示にあたる箇所)、出版社、内容、目次の情報のいずれかにマッチする。旧「Webcat Plus一致検索」を継承するものだが、件名、分類による検索はできなくなった。

    セブンネットショッピング書籍詳細検索 http://www.7andy.jp/books/search/
     「内容、目次」欄に入力して検索。

    こどもの本on the Web http://www.kodomo.gr.jp/
     「児童図書総目録」の書名、シリーズ名、著者名の他に、解説文中の言葉を対象に検索できる。



    3.収録作品で探す

    Webcat Plus一致検索 「作品を検索」 http://webcatplus.nii.ac.jp

    東京都立図書館蔵書検索 http://catalog.library.metro.tokyo.jp
     本のタイトル、著者名以外に、収録された作品名・記事の著者でも検索できる(地味に便利)。



    4.あらすじ、登場人物で探す

    国際子ども図書館 児童書総合目録 http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fKJN.pl?act=KW
     「あらすじ」欄がある。国際子ども図書館、国立国会図書館のほか7機関の児童資料を検索。検索結果にもあらすじ・解題が表示される。

    子どもの心を理解するための絵本データベース http://www.naruto-u.ac.jp/db/ehon/
     古今東西の絵本約2,400冊を内容、主人公の性別、年齢層、主題から検索できる。

    OCLC Fiction Finder http://fictionfinder.oclc.org
     登場人物や架空・伝説上の人物からも検索できる。

    AllReaders.com http://www.allreaders.com
     プロット、舞台、登場人物から検索できる。


    5.全文検索で探す

    Googleブックス http://books.google.co.jp
     言わずと知れたGoogleが提供する書籍の全文検索サービス。
     Google社が紙の書籍からスキャンし続けている、書籍内の全文を対象に検索を行なうことができ、検索結果として表示された書籍の内容の一部(著作権切れの書籍であれば全ページ)が無料で表示される。
     図書館と組み合わせて使うと、より強力。


    (関連記事)
    内容から本を見つける24の本 読書猿Classic: between / beyond readers 内容から本を見つける24の本 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    文献をたぐり寄せる技術/そのイモズルは「巨人の肩」につながっている 読書猿Classic: between / beyond readers 文献をたぐり寄せる技術/そのイモズルは「巨人の肩」につながっている 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    自宅でできるやり方で論文をさがす・あつめる・手に入れる 読書猿Classic: between / beyond readers 自宅でできるやり方で論文をさがす・あつめる・手に入れる 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加