FC2ブログ
     英語で何というか、わからないモノが目の前にある。言い表せないコトがそこで起こっている。
     こんな時、話す相手が目の前にいるのに、自分の語彙の貧しさを嘆いても始まらない。
     人生において、ほとんどあらゆることは、こちらの準備をいちいち待ってはくれない。
     だいたい未知の言葉が出てこない会話も状況もあり得ない。


    あの◯◯みたいなヤツ

     もしもあなたが伝説の英学者(としか言い様がない)斎藤秀三郎のごときネイティブ・スピーカーをいろいろと上回る英語力を持っていたとしても、相手がその単語を、いやその事物そのものを知らないなら、噛み砕いて説明しなければならない。
     相手は「いや、そんなのうちの国にはないし」と言い訳するかも知れない。
     こちらにあって、あちらにないものを説明するには、

    something like(~のようなもの)

    という表現を使って、何か似ているものを持ってきて、言い抜けるのが、まずは手っ取り早い。

    It is something like a ball.
    それは何かボールみたいなものです。

    Youkai is something like a goblin.
    妖怪ってのは、ゴブリンみたいなやつです。


     この方法は汎用性があるが、しかしとっさに似ているものが思いつけない場合も多い。


    自問自答で分解する
     
     「ヘボンさんでも草津の湯でも恋の病はなおりゃせぬ」

    と歌われたJames Curtis Hepburn(ヘボン式ローマ字もこの人にちなんでいる)は横浜で医院を開業し、やってくる日本人患者に「これはなんですか?」というフレーズだけを武器に尋ねまくって、最初の和英辞典《和英語林集成》(1867)を編み、後には聖書の日本語訳も作った。
     我々に置き換えると、「What's this?」ひとつで英語という巨大怪物と渡り合うような大冒険であるが、もう少しだけ装備を上げておくと

    What's this? これは何だ
    What do you use it for? 何に使うんだ?
    How do you use it? どうやって使うんだ?
    When do you use it? いつ使うんだ?
    Where do you use it? どこで使うんだ?


    ぐらいの武装はしていいだろう。嫌がられるかもしれないが、体当たりの英語である。

     実はこれらの質問は、相手に問うばかりでなく、自分に対しても使える。
     今の我々の課題、すなわち「似ているものが思いつけない場合はどうするか?」について大きな助けにもなるのだ。


     (例題)懐炉(カイロ)を英語で何というだろうか?


    What's this? これは何だ →カイロだ。
    What do you use it for? 何に使うんだ? →体を温めるのに使うんだ
    How do you use it? どうやって使うんだ? →ポケットに入れたりしとけばいいんだ。
    When do you use it? いつ使うんだ? →冬だ。寒い時だ。
    Where do you use it? どこで使うんだ?→屋外だ。寒いところでだ。

     「似ているもの」が見つからないなら記述せよ。
     記述には、今の5質問4w1hが使える。
     
     とくにWhat do you use it for?がヒントになることが多い。
     今の例だと「→体を温めるのに使うんだ」がほとんど答えになる。

    懐炉って何だ?何に使うんだ?→体を暖めるんだ
    →Kairo is used for warming our body.
    →It's a kind of body warmer.
    他の問いの情報を加味すると、さらに次のような記述にたどり着く
    →It's a pocket-size body warmer.

     実際の場面でも、「Kairo is used for……」と言いながら時間を稼いで、そこで出たwarming our bodyを使って、body warmerってフレーズを引き出す。

     a pocket-size body warmerというのが出てこなくても、実際の会話でなら

    (どうやって使うんだ?ポケットに入れてだ)→It's pocket-size. I have it in my pocket when I use.

    と情報を追加していけば足りる。

     防寒具なら何だってbody warmerなんだが、pocket-sizeで「どうだ、オーバーやえりまきとは違うぜ」というところを出している。

    ちなみに(株)白元のサイトでは、使い捨てカイロ貼るタイプを
    heatpads: instant body warmer pocket type
    と表現している。



    英英辞典にタメ口をきく

     このアプローチを、知っている単語についてもやってみるといい。

     英語で単語を記述することは、すなわち英英辞典を自作することである。
     
     ユーザーとしてのレベルを上げる最良の方法は、提供側の立場に立つことだ。
     テストなら出題者になってみる。辞書なら、ある単語について、辞書製作者になってみる。肩を並べてタメ口を聞く。

     
     (例題)傘について英語で言ってみる
     

    What's this? これは何だ →傘(umbrella)だ。
    What do you use it for? 何に使うんだ? →雨に濡れないようにするんだ
    How do you use it? どうやって使うんだ? →折りたたんであるのを開いて使うんだ
    When do you use it? いつ使うんだ? →雨や雪の時だ
    Where do you use it? どこで使うんだ?→屋外だ。屋根がないところでだ。

    An umbrella is something to protect rain.
    An umbrella is something to keep us dry in the rain.
    An umbrella is something to keep away from raindrop.

     完璧な答えに至らなくても、一度アタマのなかでこうやって揉んでみると、この後英英辞典を見ても定着度が違う。
     特に語の定義をゼロからアタマに入れるのでなく、すでに一度作った自前の定義と比較することで、注意がより細部に行き届いて、より深く理解できる。


    では、英英辞典で答え合わせだ。


    Longman Dictionary of Contemporary English 4th ed.
    an object that you use to protect yourself against rain or hot sun. It consists of a circular folding frame covered in cloth

    Compact Oxford English Dictionary
    a device consisting of a circular fabric canopy on a folding metal frame supported by a central rod, used as protection against rain.

    Cambridge International Dictionary of English
    a device for protection against the rain which consists of a stick with a folding, material-covered frame at one end and usually a handle at the other, or a similar, often larger, device used for protection against the sun:




    (関連記事)
    最低限の英語2 “言い返す” 読書猿Classic: between / beyond readers 最低限の英語2 “言い返す” 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

     人は有能でありたいという欲望を持っている。

     もう少し正確に言えば、無能な自分と直面したくないと思っている。
     たとえば自尊感情が揺るがされる苦手分野から撤退を図る。

     だから、テストや練習問題で間違えたとき、人がとる典型的な行動は、できるだけ早くそれを忘れてしまおうとすることである。
     そうやって人は、なけなしの自尊心を守ろうとする。
     

     しかし、少年サッカーの指導者なら、ここはこう言うところだ。
    「敗戦から学ばない者は、次も勝てない」

     あと試合について具体的な気付きやプレイの反省を、サッカーノートに書くように言うだろう(このサッカーノートの習慣は、独学者には非常に参考になるので、いずれ取り上げたい)。


     負け試合を振り返ることや、負けにつながった致命的ミスを見直すことは、確かに苦痛を伴う。
     テストで間違えた問題を見直すことも同様だ。

     テストに対する不安や恐怖は、いろんな治療法が開発されるほどポピュラーだが(「テスト不安」や”test anxiety”で検索してみるといい)、この不安もまた、他の不安や恐怖と同様に、直面を避けることで増強する。

     最初はわずかなものでも、逃げ続けることで生き死ににかかわるほど増悪する。
     テスト不安・恐怖を減じるには、その不安・恐怖に直面して逃げずにいるしかない。



    テストのメタ認知

     メタ認知のスキルを高める目的で言えば、仮設-検証を繰り返すサイクルに、学力テストを取り込むのがよい。

    つまり
    (1) テスト前に「仮説」を立て
    (2) テストを受け
    (3) 採点後のテストを見直す→次のテスト前の「仮説」へ
    というサイクルだ。


    (1) テスト前に「仮説」を立てる

     実力が乏しいうちは、「自分がそのテストで何点とれるか」を予想してそれを書き留めておく。
     この段階から、次第に「どんな問題が出るか」を予測することへ進んでいく。
     テストを丸ごと予想できるようになるのは先のことになるが、部分的にでも「どんな問題が出るか」を考えることは、テストの点数を改善していく。
     これは、成績の良い人間は自然にやっていることだ。
     逆に、成績の悪い人間は自分に予想ができるなんて考えもしない(予想だろうと何だろうとテストのことを考えるなんて苦痛でたまらない)。
     ここは、その苦痛にしばらく浸る。ほどなく苦痛の度合いは下がってくる。慣れてくる。飽和してくる。

     ここまで来れば、次の(本来の)ステップへと進むことができる。
     つまりテスト内容についての予想を立てることだ。

     多くの場合、相手の立場に立って考えることができればできるだけ、物事をうまく進めることができる。

     テスト内容についての予想する、すなわちテスト問題を自作するスキルは、テストをリバース・エンジニアリングすることで養われる。

     個々の問題をどのように作るかという戦術レベルの課題のほかにも、テスト全体にどのような問題をどれくらいの配分で組み入れるか、それらをどう配置するか、という戦略レベルの決定も考えることができるようになる。
     例えば、中間テストと期末テストの点数で成績をつけなければならない立場に立って考えれば、誰もが100点を取れるテストや誰もが全然解けないテストを作ろうとしないことは明白である。
     ほとんど誰もが解ける問題から多くのものが解けない問題までが並べられるのも自明だろう。
     テスト範囲内で「ほとんど誰もが解ける問題」をつくるにはどうすればいいか?(範囲の最初の方で出てきた例題に似た問題だろうか?)
     どうやって多くのものが解けない問題をつくるか?(たとえば、それぞれのステップの解き方は分かっても、どうやって解けるステップに問題を分割するかに工夫がいる問題なら、テスト範囲からはみ出さず、難易をあげられないだろうか?)等々……。


    (2)仮説検証(そのもの)としてのテスト

     科学研究では検証の手続きを考え出し実施することは大いに手間がかかるが、学力テストでは、この部分はプロである出題者に丸投げできる。
     テスト問題の予想ができるようになると、テスト問題を作る労力がどれくらいかが分かる。
     テストは、かなりの労力がかかる作業を、出題者に下請けに出していることなのだ(下請けという言い方が悪いなら、出題者と分業しているといいなおそう)。


    (3)採点後のテストを吟味する

     採点されたテストが返ってきた。結構な間違いがあり、どこか見えないところにしまいこみたくなる気持ちをぐっと堪えて目を凝らそう。

     テストであなたが間違えた部分は、プロである出題者の知識と工夫、それとがっぷり四つに組んだあなたの知恵と努力、それらすべてによって生み出された合作である。(テストは、受験者と出題=採点者との間の分業である)
     一方的に提供される問題集よりも、あなたが書いたまとめノートよりも、より多くの労力が投下されており、加えてあなただけにチューニングできている逸品だ。
     学習者にとって、これを財産(学習資源)と呼ばなくて、何を呼ぶのか?

     テストを見直すといっても、次のような(実は最も多い)パターン=2つの「やり過ごし」に陥ってはならない。

    「これはケアレスミスだ(から次は気をつければいい)」

     ケアレスミスはランダムに生じるのではない。注意という資源は有限である。
     ケアレスミスは、注意の容量を超えた処理をしようとしたところに生じる
     自分のケアレスミスを分析することで、自分の注意の容量を知ることができるし、注意の容量を超える処理の場合、紙に書き出すなど外部記録をつかう方法を使うのはどんな場合かが判明する。

     「これはケアレスミスだ(から次は気をつければいい)」
    では、今後も繰り返し同様のケアレスミスを繰り返すことになるだろう。

    「これは勉強してないからできなくて当たり前」
     では、何をどれだけ勉強すればできたのか(その量を予想していたのか/また予想できたのか)を、具体的にしておかなくてはならない。

     すぐわかるように、テスト結果の吟味は、テストをリバース・エンジニアリングすることに、つまるところテスト問題を自作するスキルに直結している。


     こうしてテストをめぐる仮説ー検証のサイクルが完結する。

     このサイクルを一巡二巡していくうちに、テスト問題とテスト結果を予想する精度は上がり、必然的にテストの結果自体が改善されることになる。




    (忙しい人のための要約)

     課題図書のあるレポートには、次の3つを書く

    1.本の概要(何について、どういう方法で、どんなことを主張しているか?)
    2.複数の主要な論点(議論となる、議論すべきポイント)
    3.一つか二つの論点について、自分の考察



     読書感想文について書いてみたが、感想文ではないレポートはどう書けばいいのかという質問があった。
     担当教官によっては、読むべき本を指定して「感想文でもいいから書いて来い」と言う場合があるが、それは一種の学習性無能力に陥っているのであって、何を言っても期待できないだろうから、とにかく形だけでも出してくれお願いだ、と言っているのである。
     もちろん課題図書が指定されたレポートに、読書感想文を書いて出してはいけない。

     しかし「いけない」というだけではあんまりだ。
     そうでなくても「文章の書き方」と称するものは「~してはいけない」ばかりのネガティブリストになることが多い。
     だが、何か書き出さないと、そもそもどんな禁則事項も守りようがない。

     レポートの書き方みたいなものは何度か書いているけれど(末尾にリンクを集めてみた)、今回は何を書けば感想文に堕しないかを簡潔にまとめてみる。


    1.本の概要

     まずはどんな本なのかを簡潔に伝える。
     これができてレポートとして参加資格が得られる。

    (導きとなる問い)
    ・何について論じているのか? → テーマ
    ・どういう着眼/方法で論じているのか? → アプローチ
    ・どういうことを結論として主張しているのか? → クレーム


    2.論点(議論ができる/議論が必要なポイント)

     主張を支える根拠はふつう複数あり、それら根拠もまた別の根拠を持っている(議論の入れ子構造)。

     主張や根拠に対しては、反対意見を含むいろんな主張や根拠付けがあり得る。
     著者はそれらからあるものを選んでいるのだが、「他でもあり得る」ところはすなわち〈議論が可能なポイント〉であり、また他ではなくこれを選んだ理由づけ根拠付けが要求される〈議論が必要なポイント〉でもある。

     〈議論が可能〉かつ〈議論が必要〉なポイント、言わば「論述の曲がり角」(そこで曲がり損ねるとグダグダになり、筋が通らなくなる)を論点と呼ぼう。

     すべての論点を網羅することは分量的にも時間的にも難しい。
     だから軽重をつける。
     類似の論点はまとめ、あまり重要でないものは省いて、しっかり取り上げるものは3~4つくらいにする。

     しっかり取り上げないが、書き落とすと他の部分を説明したり理解したりするのに支障が出る論点があれば、著者の言い分だけを1~2文にまとめておく。

     しっかり取り上げる論点についてはそれぞれ、
    (1)著者の言い分
    (2)その根拠となる理屈
    (3)根拠で証拠として挙げられている事実やデータ(そして出所)
    にまとめて書く。
     結果として要約ができるが、ここまで書けて及第点。

    (導きとなる問い)
    ・何について論じているのか?
    ・結論は何か?
    ・それはどの箇所に、どのように書いてあるか?
    (引用できるように、線を引き、ページ数を書き止めておく。あとで抜書きする)
    ・なぜそうしたこと(結論)が主張できるのか?その根拠は何か?


    3.考察(根拠と証拠付き)

     一つか二つの論点を選んで、それについて自分の考察を書く。

     考察は感想ではない。
     「おもしろい」「つまらない」「わからない」は考察とは言えない。

     すべての論点を木っ端微塵にする必要はない。
     スタンスとしては、反対できる方が書きやすい。

     自分の考察についてもそれぞれ、
    (1)自分の主張
    (2)その根拠となる理屈
    (3)証拠として挙げられている事実やデータ(そして出所)
    をまとめる。

     根拠と証拠つきで自分の考察をつくりあげるためには以下のアプローチが活用できるかもしれない。

    A.著者の主張について、例外を見つけ出す
     著者が書いた時点では見ることができなかった新しい事象やデータ、著者が手をつけていない隣接領域の事象やデータを探す。

    (導きとなる問い)
    ・著者が書いたのは何時か?
    ・著者が検討した事象は何時までのものか?
    ・著者が検討した事象やデータはどの分野であり、検討していない事象やデータはどの分野のものか?
    ・著者が検討していない事象やデータはどこで見つかるか?
      (学術雑誌の論文?一般雑誌の記事?新聞?ネット?)


    B.言い分を比較する
     この場合、課題図書の著者と比較に持ってくるもののどっちが〈勝って〉もいい。

     比較することで、著者の主張や論拠が明確になったり、気付かなかったところに気付いたりメリットもある。
     こういう気付きがあると、おもしろいレポートが書きやすくなる。

    (1)著者の論点と、同じテーマを扱う他の著者の論点を比較する
     これだともう一冊以上読まなきゃならないので時間や余裕がない場合は、事典・教科書から同じテーマの通説を拾い出して比較する
    (2)自分や他の誰かの〈思い込み〉(いわゆる常識も含む)と比較する。読んだ本の内容を説明して「そんなことないだろ」と言いそうな人を思い浮かべる。

    (導きとなる問い)
    ・著者が扱うテーマについて、他の研究にはどんなものがあるか?
    ・著者が扱うテーマについて、教科書・事典には誰のどんな説が紹介されているか?
    ・著者の主張や展開する論点について、納得いかないところを持っている人に誰がいるか?
       (自分や自分の身近な人から著書でしか知らない人物まで含む)
    ・著者の主張や展開する論点について、納得いかないところを持っている人が持っている意見(異なる見解)はどのようなものか?
    ・著者の主張や展開する論点については、〈通説〉や〈常識〉や〈他の人の考え〉と比較して、どこが同じであり、どこが違っているか?





    レポート書きに役立ちそうな記事


    参考文献を集める

    博論は宝の山/テーマが決まったら真っ先に博士論文を読もう 読書猿Classic: between / beyond readers 博論は宝の山/テーマが決まったら真っ先に博士論文を読もう 読書猿Classic: between / beyond readers
    自宅でできるやり方で論文をさがす・あつめる・手に入れる 読書猿Classic: between / beyond readers 自宅でできるやり方で論文をさがす・あつめる・手に入れる 読書猿Classic: between / beyond readers
    文献をたぐり寄せる技術/そのイモズルは「巨人の肩」につながっている 読書猿Classic: between / beyond readers 文献をたぐり寄せる技術/そのイモズルは「巨人の肩」につながっている 読書猿Classic: between / beyond readers
    ビギナーのための図書館で調べものチートシート 読書猿Classic: between / beyond readers ビギナーのための図書館で調べものチートシート 読書猿Classic: between / beyond readers
    ビギナーのための図書館サバイバル・ガイド、他ではあまり書いてないけど大切なこと 読書猿Classic: between / beyond readers ビギナーのための図書館サバイバル・ガイド、他ではあまり書いてないけど大切なこと 読書猿Classic: between / beyond readers
    googleで賢く探すために最低知っておくべき5つのこと 読書猿Classic: between / beyond readers googleで賢く探すために最低知っておくべき5つのこと 読書猿Classic: between / beyond readers
    内容から本を見つける14のサイト 読書猿Classic: between / beyond readers 内容から本を見つける14のサイト 読書猿Classic: between / beyond readers


    文献を読み込む

    100冊読む時間があったら論文を100本「解剖」した方が良い 読書猿Classic: between / beyond readers 100冊読む時間があったら論文を100本「解剖」した方が良い 読書猿Classic: between / beyond readers
    1冊を1枚にする技術 読書猿Classic: between / beyond readers 1冊を1枚にする技術 読書猿Classic: between / beyond readers
    傍線:テキストに凹凸を付ける/人文学の形稽古 その3 読書猿Classic: between / beyond readers 傍線:テキストに凹凸を付ける/人文学の形稽古 その3 読書猿Classic: between / beyond readers
    本居宣長に学ぶ精読の極み/注釈をするは、すべて大に学問のためになること也 読書猿Classic: between / beyond readers 本居宣長に学ぶ精読の極み/注釈をするは、すべて大に学問のためになること也 読書猿Classic: between / beyond readers


    ブレイクスルーを見つける

    ゼロからはじめて2週間で完成する卒業論文の書き方 読書猿Classic: between / beyond readers ゼロからはじめて2週間で完成する卒業論文の書き方 読書猿Classic: between / beyond readers
    ポリアの名著『いかにして問題をとくか』のチートシートをつくってみた 読書猿Classic: between / beyond readers ポリアの名著『いかにして問題をとくか』のチートシートをつくってみた 読書猿Classic: between / beyond readers
    問いを変換する/問題解決のファースト・ステップ 読書猿Classic: between / beyond readers 問いを変換する/問題解決のファースト・ステップ 読書猿Classic: between / beyond readers
    比較三原則/たちどころに「ものがみえる」ようになるメソッド 読書猿Classic: between / beyond readers 比較三原則/たちどころに「ものがみえる」ようになるメソッド 読書猿Classic: between / beyond readers
    問題解決のための5つの疑問文と10の自己教示(self-instruction) 読書猿Classic: between / beyond readers 問題解決のための5つの疑問文と10の自己教示(self-instruction) 読書猿Classic: between / beyond readers
    論文のタイトルの付け方、その考え方/省く、問う、問いに答える 読書猿Classic: between / beyond readers 論文のタイトルの付け方、その考え方/省く、問う、問いに答える 読書猿Classic: between / beyond readers


    ドラフト(下書き)を書く

    書けない時にあなたを助けるアウトライナー・ストーミング 読書猿Classic: between / beyond readers 書けない時にあなたを助けるアウトライナー・ストーミング 読書猿Classic: between / beyond readers
    とにかく速くて論旨も首尾一貫する文章の書き方 読書猿Classic: between / beyond readers とにかく速くて論旨も首尾一貫する文章の書き方 読書猿Classic: between / beyond readers

    推敲する

    書きなぐれ、そのあとレヴィ=ストロースのように推敲しよう/書き物をしていて煮詰まっている人へ 読書猿Classic: between / beyond readers 書きなぐれ、そのあとレヴィ=ストロースのように推敲しよう/書き物をしていて煮詰まっている人へ 読書猿Classic: between / beyond readers
    卒論に今から使える論文表現例文集(日本語版) 読書猿Classic: between / beyond readers 卒論に今から使える論文表現例文集(日本語版) 読書猿Classic: between / beyond readers