fc2ブログ
     ウィンストン・チャーチル(Sir Winston Leonard Spencer-Churchill, 1874年~1965年)という人は、第二次世界大戦の間イギリスの首相をやり、『第二次世界大戦回想録』The Second World War (6巻,1948~54)という本を書いてノーベル文学賞(1954年)をもらった人だが、とても出来の悪い人で、名門パブリックスクールの一つハロウ校(Harrow School)に入学するにも〈特別な配慮〉が必要なほどだった。
     なにしろ入学試験で書けたのが、本人の弁によれば、

    「私はまず答案の上に名前を書き、つぎに番号1を書いた。それからずいぶん考えてからその周りに(1)とひとつ括弧をこしられた。がその後は、これに関係したこと、もしくは該当したことは何ひとつ考えられない……。」


    Churchill_V_sign.jpg



     学校での順位は後ろから3番目だった。
     後ろから1番目と2番目は、病気その他の理由でまもなく退学した。
     チャーチルの父は大物政治家で、その時下院総務と大蔵大臣をちょうど辞めたところだった。
     学校にやってきた人は、ビリの子が誰の子息であるかすぐに分かった。
    「やあ、あの子はビリじゃないか」
    と声に出して言う人もあとを絶たなかった。

     おまけにハロウ校を出た後も三度受験に失敗して、ようやく士官学校に入ることができた。
     卒業したあと軍に入ったが、そこで父親が死んだ。
     どうにも未来はあまり明るくなさそうだった。

     風向きが変わったのは、従軍の合間にとった筆の力によってだった。
     チャーチルはキューバやインドに赴任し、イギリス本国の雑誌に記事を書いた。
     特にインドからの通信は『マラカンド野戦軍』という一冊の本にまとめられてることになり、この本が大きな評判となった。
     時のソールズベリー首相から会いたいといわれるほど人気ぶりだった。

     ボーア戦争には、この流れに乗って従軍記者として参加した。
     ここでは敵に捕われ捕虜となったが、脱走に成功し、一躍時の人になった。
     自分でもこの体験をまとめると、またもベストセラーになり、富と名声を手に入れた。

     この人気を追い風に、チャーチルは1900年下院議員に初当選した。
     二世議員であると同時にタレント議員であった。
     そして書くことは、政治活動な浮沈を越えて、一生涯続けられた。
     彼の身を助け、世に出したチャーチルの文才は、いかにして磨かれ鍛えられたのだろうか?
     チャーチル自身が記した半生記に、ハロウ校で落ちこぼれたちに書くことを教えた恩師のことを、こう書いている。

    「私は、このあまりパッとせぬ地位を約一年ばかりつづけた。しかしこのビリッコ組に長くいたおかげで、最もよくできる生徒よりずっと利益を得たことがある。
     彼らはラテンとかギリシアとか、その他えらいことを学んだが、私は英語を教えられた。
     劣等で英語のほかに覚えられぬと考えられたからだ。
     この劣等組に世間で等閑視されていること、すなわちただの英語を書くことを教える役を託されたのが、ソマヴェル 先生であったが、この人はじつにいいひとで、私はこの先生に非常に負うところが多い。
     彼はいかに英語を教えるかをよく心得ていた。
     彼ほど教えかたの堂に入った人はないように思う。
     我々は英語の説明を細かく聞いたばかりでなく、たえず文の解剖を練習した。
     先生には彼独特の教授法があった。
     彼はかなり長い文章をとって、それを 黒、赤、青、緑のインキでいろいろの構成分子に分ける。
     主語、動詞、目的語、関係節、 条件節、接続節、離接節など!
     みなそれぞれの色彩をもち、それぞれの括弧に包まれる。
     それはまるで、1つの練習問題のようで、毎日のようにおこなわれた。
     そして 私は四級三、最下級(B)にだれよりも三倍長くいたから、人より三倍よけいにやった。
     私は完全に習い込んだ。
     普通の英文なら、その基本構造を骨の髄まで徹底的に覚えた。
     これはじつに尊いことだ。
     それゆえ、後年、美しいラテン語の詩や、簡潔なギリシア語の警句を書いて褒賞をとった同窓が、生計をたてるため、あるいは世間に出んがため、普通の英語を書かねばならなくなったとき、私はこれと伍してなんらの遜色を感じなかった。」(W・チャーチル著、中村祐吉訳『わが半生』誠光社, 1950;角川文庫,1965 ;Winston Churchill (1930).My Early Life: A Roving Commission, Thornton Butterworth: London.)


     これは、英語学習者を暗号解明作業の真只中に置き去りにし、英語を学ぶ楽しさや英語を読む喜びから疎外し、日本人を英語弱者にしたと槍玉にあげられてきた、訳読式方法grammar-translation approachにそっくりである。
     
     この引用箇所は、薬袋善郎『英語リーディング教本』の冒頭に引用されている。
     同じくこのエピソードを紹介している星野仁彦『
    知って良かった、アダルトADHD』には、「現代でもこのような指導法は、学習障害(LD)児の治療教育に有効とされています」とある。


    わが半生 (1965年) (角川文庫)わが半生 (1965年) (角川文庫)
    (1965)
    W.チャーチル

    商品詳細を見る
     

    英語リーディング教本―基本からわかる英語リーディング教本―基本からわかる
    (2000/04)
    薬袋 善郎

    商品詳細を見る




    (引用箇所の原文)

    I continued in this unpretentious situation for nearly a
    year. However; by being so long in the lowest form I gained
    an immense advantage over the cleverer boys. They all went
    on to learn Latin and Greek and splendid things like that,
    But I was taught English, We were considered such dunces
    that we could learn only English. Mr. Somervell a most
    delightful man, to whom my debt is great was charged
    with the duty of teaching the stupidest boys the most dis
    regarded thing namely, to write mere English* He knew
    how to do it. He taught it as no one else has ever taught it.
    Not only did we learn English parsing thoroughly, but we
    also practised continually English analysis. Mr. Somervell
    had a system of his own. He took a fairly long sentence and
    broke it up into its components by means of black, red, blue
    and green inks. Subject, verb, object: Relative Clauses, Con
    ditional Clauses, Conjunctive and Disjunctive Clauses! Each
    had its colour and its bracket. It was a kind of drill. We did it
    almost daily. As I remained in the Third Fourth (/3) three
    times as long as anyone else, I had three times as much of it.
    I learned it thoroughly. Thus I got into my bones the essen
    tial structure of the ordinary British sentence which is a
    noble thing. And when in after years my schoolfellows who
    had won prizes and distinction for writing such beautiful
    Latin poetry and pithy Greek epigrams had to come down
    again to common English, to earn their living or make their
    way, I did not feel myself at any disadvantage. Naturally I
    am biassed in favour of boys learning English. I would make
    them all learn English: and then I would let the clever ones
    learn Latin as an honour, and Greek as a treat. But the only
    thing I would whip them for would be for not knowing
    English. I would whip them hard for that.

    http://www.archive.org/stream/rovingcommissino001321mbp/rovingcommissino001321mbp_djvu.txt



     『プロは語る。』という本がある。


    プロは語る。―とっておきの知恵プロは語る。―とっておきの知恵
    (2005/03)
    サマンサ エトゥス、 他

    商品詳細を見る



     中身は、今でいうところのライフハックを70個ほど集めたもので(原書 The Experts' Guide to 100 Things Everyone Should Know How to Doではタイトルのとおり100個集めてあるが、日本向けじゃないものが訳されていない)、驚くべきことが書いてある訳ではないが、ウリになっているのは、それぞれのテーマを〈当代一流〉と編者が目した人物に執筆を依頼し書いてもらったところである。

     たとえば

    ・不動産王ドナルド・トランプに、負けない交渉のコツを

    ・『7つの習慣』のスティーブン・R・コヴィーに、時間の使い方を

    ・ カリスマ・ファイナンシャルプランナーに、お金の貯め方・増やし方を

    ・世界最大の出会い系サイト管理者に、デートのこぎつけ方を

    ・合衆国憲法修正第一条を専門とする弁護士に、人前で話をするコツを

    ・がん専門医に、最悪のニュースの伝え方を

    ・(アメリカ人では)エベレスト初登頂の登山家に、寒いときの身体の温め方を

    それぞれ執筆してもらっている。

     たくさん詰め込むために個々の記事は2~3ページと短いので、執筆者それぞれの著作を一冊読むより、そのエッセンスがすばやく読めて助かる。有名どころに何とか依頼をねじ込んで実現した企画ものである。


     今日はこの中から、一番手早く短い時間で試せるものを紹介する。


    (1)最初の1分:1分間普通の読み方で何文字読めるか計る。

    (2)次の1分:通常読みで読めた倍の分量を1分間で読む。
       文章の理解度は大きく下がってしまうがかまわない。

    (3)その次の1分:通常読みで読めた3倍の分量を1分間で読む。
       文章の理解度は大きく下がってしまうが同じくかまわない。

    (4)最後の1分:最後は内容が理解できる速度で何文字読めるか計る。
       すると最初よりも読書速度にかなりの改善が見られる。





     共働きで昼間は誰もその家にいないから、その家の駐車場がいつしか子供たちのたまり場みたいになった。
     夜になって家主たちが帰ってきたときには駐車場には誰もいないが、食べ散らかしたゴミ、食玩だけを抜いて捨てられたチョコレートなどなど、誰かがここにして、何をしているかはよく分かった。
     家主たちは毎晩遅く帰ってきて、それから駐車場を掃除した。
     しかし次の日には、また同じようにゴミが散らかっているのだった。


    ゴミを捨てるな



     「貼り紙をしようと思うの」
    『ゴミを捨てるな!』ってか?」
    「それも考えたんだけど、昼間誰もいないし、やっぱりコトバだけだとどれだけ強烈に書いても、すぐに気にならなくなると思うのね」
    「ああ。迷惑駐輪に腹を立てた店の人が、どんどんコトバをエスカレートさせて、最後には
    『ここに停めたら殺す』とまで書いたけど、3日も持たなかったそうだよ」
    「で、〈北風と太陽〉だと思ったのよ」
    「……具体的にはどうすんの? 真逆で『ゴミを捨てろ!』とでも書くか?」
    「あ、それ、もらうわ」
    「冗談だろ? ゴミの山ができちまうぞ」
    「集めて山にしてくれるなら、むしろ掃除が楽ってもんよ。これっでどう?」
    『わたしゴミ箱。いっぱい入れてね』……。」
    「ダンボール箱をだしておいて、これを貼っておくの」
    「ご近所中の生ごみを集めて来られたらどうすんだよ?」
    「面倒臭がりの今の子がそこまで根性見せて嫌がらせするかしら? ま、幸い明後日はごみの日だから、明日帰ってきてゴミの山ができてても、なんとかなるわ」


     次の日、家主たちが帰ってくると、相変わらずゴミは散らかったままでした。
    「な、やるだけ無駄だろ?」
    「無駄っていっても、箱を出して貼り紙しただけだもの、大したコストじゃないわ。それにまんざら失敗でもないみたい」
    「どこが?」
    「ほら、ダンボール箱の中。ジュースの缶が1本入ってる」
    「2つっきりだろ」
    「そうね。これが〈偉大な第1本〉にならないって誰に言える?」
    「何言ってるんだか」
    「さて、こう書き足すわね」
    『ありがとう。また入れてね』……」
     家主たちはダンボール箱だけをからっぽにして、駐車場の掃除はやらずに、貼り紙を貼り直しました。
     
     
     次の日、家主たちが帰ってくると、相変わらずゴミは散らかったままでしたが、ダンボール箱にはジュースの空き缶3本とお菓子の空き袋1つが入っていました。
     その次の日も、その次の日も、ダンボール箱にはジュースの空き缶や空き袋、それから別のゴミが入っていました。
     

     「おい、あれから駐車場って掃除したか?」
    「私たちはしてないわね」
    「ゴミが減ってると思わないか?」
    「ダンボールの中には増えているわ」
    「あいつらが片付けてるのか?」
    「会ったことないけど多分ね」
    「どうしてまた?」
    「片付けてるって意識してるかどうかは分からないけど、ダンボール箱の中にゴミを入れるのが習慣になってきたのかしらね」
    「……こんなにうまくいくと思ってたのか?」
    「まさか。ただ悪い方に転がる〈軍拡競争〉じゃない手は何かないかって思っただけ」
    「〈軍拡競争〉って?」
    「今の場合は、一方は悪いことをしたらひどい目に合わすぞと脅す。もう一方は、おどしに反発してさらに悪さをする。その繰り返しで拍車がかかっていくこと」
    「それがまずいのは俺にも分かってたさ」
    「やったのは、私たちから『ありがとう』って言える何か小さなことが生まれる機会をつくって、起こった小さなことを拾い上げていっただけよ」
    「『ゴミを入れてくれてありがとう』か。それ以外は散らかしていても」
    「その他に悪いことをたくさんしていても、ね」





    ソリューション・バンク―ブリーフセラピーの哲学と新展開ソリューション・バンク―ブリーフセラピーの哲学と新展開
    (2005/07)
    長谷川 啓三

    商品詳細を見る