FC2ブログ

    先日、読書猿の最初とその次の著作、アイデア大全と問題解決大全を担当していただいたフォレスト出版の編集者石黒氏から、先に次のような素晴らしいエールをいただいた。

    祝『独学大全』出版記念 読書猿さんについて知っていることを私なりに伝えます。
    https://note.com/forestpub/n/n6fdef7d27d74


    そのおかげもあって、新著『独学大全』は思ってもなかったほどの順調な滑り出しである。

    せめてもの返礼として、私の記憶する限りの『アイデア大全』の誕生秘話を書いてみたい。これは、いつか約束したことメイキングであるのと同時に、書けなかった『アイデア大全』の後書きでもある。

    というのは、『アイデア大全』の成立に最初から最後まで、八面六臂の活躍をしていただいた石黒氏に対して、読書猿の最初の本の末尾で感謝の念を呈したいという申し出をしたところ彼はこう言って断ったのだ。

    「そんなスペースがあるのなら、最後の一行まで読者のために使ってください。」



    このとき私は、石黒氏の「編集者たるもの黒子たるべし」というポリシーと矜持をみたように思ったので、この言葉に従った。こうして『アイデア大全』と『問題解決大全』は後書きのない書籍となったのである。

    さて、先のNoteに書かれた石黒氏の記事は、4年ぶりに当時のことを公にされたものであった。
    別に「『独学大全』、ダイヤモンド社さんなら10万いけると思います。期待してます。」とのメールもいただいていた。

    石黒氏の「予言」が実現したこの機会に、果たされなかった後書きを記し、一方的な約束を果たしたいと思う。




    1.企画が全然通らない

    そもそも、事の始まりは、石黒氏が読書猿を発見したところからはじまる。
     

    石黒:自分が企画を練るのに、「『アイデア大全』みたいな本があればいいのに」と思っていたんです。実は僕、本の企画が全然通らなくて……(笑)。やけくそで「アイデア大全」と検索した時に見つけたのが、読書猿さんのブログ「読書猿Classic: between / beyond readers」です。自分がそれまで知らなかったアイデア発想法が怒涛のごとく紹介されていて、衝撃を受けました。どの記事を読んでも驚かされるものばかり。「これはすごい」「絶対に本にしなければ」と決意して、読書猿さんにアプローチしたのが始まりです。

    話題の「黄色い本」はもう読んだ?『アイデア大全』がまさに“発想の歴史”の棚卸し
    2017年03月15日知る・学ぶ
    日販 ほんのひきだし編集部「日販通信」担当
    https://hon-hikidashi.jp/know_learn/25501/




    石黒氏がネット検索で発見した記事は、次のものだ。

    2015.12.03 アイデア大全ー57の発想法/思いつくことに行き詰まった時に開く備忘録
    https://readingmonkey.blog.fc2.com/blog-entry-765.html


    この記事を読んだ友人はこう評した。

    「これって、アイデア本に書いてあるようなことは全部ここにまとめといたから、そんな本を読む時間があったら、もっと違う本を読め、って記事だよね」



    正直、そこまでの狙いや目指すところがあって書いた記事ではない。
    本当に時たま降ってくる「あ、これをこうしたら、まとめられるんじゃない?」という霊感を忘れないうちにまとめただけのものだ。

    もう一つ付け加えるなら、私はポンコツな本読みだが、それでも書物は大切なもの、かけがえのないものと思っている。
    そう思いながら、書物以外の場所(ブログ)で、どんな種類の書物であれ殺しにかかるようなものを書くのは抵抗がある。
    だから、上の記事はそうした意味で自分でも知らないうちに自分にリミッターをかけたものだった。

    それを本にしませんか、という。
    本に書くのだったら、リミッターを外しても、書物を否定することにはならないかもしれない。

    しばらく考えて承諾のメールを書いた。


    2.会わない二人

    実を言うと、石黒氏に初めてお会いしたのはアイデア大全が発売されてからの騒動が落ち着いて、次回作の問題解決大全の打ち合わせのために遠方まで来ていただいた時が最初だった。
    それまで、つまりアイデア大全の企画が立ち上がってから書籍となり書店に並ぶまで、著者と担当編集者は一度も直に顔を合わせたことはなかった。打ち合わせはずっとメールだった。
    今思えば、最初の電話は、読書猿の実在を確かめるものだったかもしれない。
    無限の猿定理そのままにオンラインの向こうには、ランダムにキーボードを叩き続ける無数の猿がいるかのうせいだってあったからだ。
    この電話会議は、私にとっても、この本にとっても、とても重要なものだった。

    「この本、人文書でいきたいんですが」



    と提案したのがここだったからだ。人文書×実用書のコンセプトの萌芽がここに芽生えた。

    もちろん、これには石黒氏からの前振りがあった。
    名刺がわりにといただいた、最近編集したと言う新書に、こんなメモが挟んであったのだ。

    「ほんとは人文書をつくりたいんですよね。」



    こうしてビジネス書の版元にいる一風変わった編集者と正体不明の著者による協同作業が始まった。


    3.企画会議と黄色い本

    企画会議にあたって、石黒氏は企画書ではなく、小冊子を用意した。
    3つの技法だけでできた、ミニサイズの『アイデア大全』である。
    各章のフォーマットを決め、原稿を書いた。
    あとは、紙面デザインから図版の準備、出力まで石黒氏が自分でやってしまった。氏はDTPまでできる編集者なのだ(『アイデア大全』『問題解決大全』ともDTPまで石黒氏がやってくれた)。

    「ところで、なんでページが黄色なんですか?」
    「『東京防災』という本がありまして」
    「ああ、知ってます」
    「とにかく企画会議を突破しないことには何にもならないんで。使える武器は全部使います」



    石黒氏は長距離打者の編集者だ。
    通った企画は一番売れるが、ボツ企画も一番多い(とは本人の言である)。
    片や読書猿は(自分で言うのも何だが)無名の新人である。人であるかも定かではない。
    このハンディキャップは、レイアウトまでしてプレゼンに挑んだ、石黒氏の熱意で押し切った(おかげで「どこの誰だ」と社長から一切が聞かれなかった、と後で聞いた)。

    しかし企画会議を通過するかどうかは、それでもぎりぎりだった。
    最後のひと押しは、(当時の)営業部長小池氏の

    「俺に担当させろ」



    の一言だった、という。

    後日、『問題解決大全』の刊行後、フォレスト出版を訪れた際、(出版局 局長になっておられた)小池氏にお会いし、このことを尋ねる機会があった。あの時、どうして企画会議で推していただいたのか、と。
    小池氏はこう答えてくれた。

    「『アイデア大全』は書店員が売りたいと思う本です。火がつくまで時間がかかっても、必ず売ってくれる。そう思ったから、推しました」



    そう言って、自分の経歴を少し聞かせてくれた。
    若い頃、営業部員は小池氏一人だった時期があったという。
    仕事で分からないことを尋ねられる上司も先輩もなく、出版社の営業はこういう時どうすればいいかと悩んだときは、とにかく書店を回って現場の書店員にぶつかって教えてもらったのだ、と。
    小池氏の「俺に担当させろ」は、傷だらけになりながら重ねた経験から出た一言だった。



    4.「このままじゃ700ページを超えます」

    こうして『アイデア大全』は無事、企画会議を通った。
    全体の目次をつくり、後は原稿を書くだけである。

    ここで読書猿から石黒氏へひとつお願いした。
    原稿を手元に置いておくと、いつまでも延々といじってしまうから、できたところから1章ずつ五月雨式に送らせてほしい、と。
    石黒氏は応諾してくれた。
    これが悲劇(?)のはじまりだった。

    数日毎に、原稿を送り出しながら、順調だと思い込んでいた頃、石黒氏からメールが届いた。

    「大変です。このままじゃこの本、700ページを超えます」
    「まずいですか?」
    「まずいです。せめて半分じゃないと。内容的には、このままの調子で進めてほしいんですが……ああ、でも、もったいない。」
    「たとえば、上下巻で出すというのは?」
    図々しい新人である。
    「反対です。上下巻ものというのは、下巻がずっと売れないんです。分けるなら別タイトルの別の本にした方がいい」



    少し考えさえてほしい、と返答して、『アイデア大全』を二分割するアイデアを考えた。
    『アイデア大全』にも盛り込んだNM法を使って、次のような返事をした。

    こうして、原『アイデア大全』から、『アイデア大全』と『問題解決大全』の2冊の書物が生まれることとなった。


    石黒様

    メール拝見しました。

    (2)さらに上下のまとまりそれぞれの差別化・分け方(テーマ)を明確にしなければならない
    (3)加えて、下巻の項目をトータルで30項目以上にはしたい

    というお話ですが、
    まだ書名にまで落とし込めてないのですが、原材料を得る鉱業などの一次産業と、原料を加工する工業などの二次産業という括りはどうでしょうか?

    上巻ーアイデアの一次産業本
    ・全く何も思い付いてない段階: 0から1へ
    ・少なくともテーマやモチーフは決まっている段階: 1から複数へ

    下巻ーアイデアの二次産業本
    ・手持ちのアイデアを元にもっと増やしたい段階: 複数から多へ
    ・多すぎる手持ちのアイデアを整理してまとめたい段階: 多から少へ
    ・複数のアイデアから一つを選びたい、一つにまとめたい段階: 少から1へ


    一次産業本の方は、無から有をうみ、有を多にするアプローチ、とにかく多様で大量のアイデアを得る技法をまとめた書物になります。絞り込む系技法を取り外せるので、一貫して発散を追求するコンセプトです。
    正しい思考ができるようになるノウハウは、クリティカルシンキングや哲学の道具箱などいろいろありますが、そうした折り目正しい思考法が取り除いてきたものこそ、例えばアナロジーや呪術思考、夢見がそうですが、発想法大全では光が当たります。才能は技術に御せられた狂気、という言葉がありますが、そういう技術を集めた書です。類書では手を出さない技法を取り込んでるので、他にないと主張しても偽りではないと思います。
    前提を壊したり、遠く隔たったものを結びつけたりして、いつもと違う、あるいはこれまでない思考や考えが必要な人に、という本ですね。


    二次産業本の方は、すでにアイデアがいくつかあるところから始まります。それらを突き合わせ、加工し、絞り込む訳ですが、アイデアを原石にたとえ、どれだけ優秀で実現しそうなアイデアも、選り抜き、磨き、カットし、加工しないと宝石にならない、と考えます。
    エジソンがそうしてたように、アイデアは何もゼロから自分で作るばかりでなく、既存の名案や駄案をアレンジするところから始めることができます。実用性では、むしろこちらの方が手早くできて有用かもしれません。

    二次産業本では、「手持ちのアイデアを元にもっと増やしたい段階: 複数から多へ」以降を扱う訳ですが、これは量にこだわらない章見出しに、例えば「アイデアを突き合わせたい、組み合わせたい段階」などに付け替えることができると思います。


    タイトルをどうするかですが、発散色を込めると一次産業の方は「発想法」、二次産業の方は「創案法」「考案法」みたいな感じですが、インパクトは今ひとつですね。「問題解決」までいくと、重なり感は減りますが、少し広げすぎかも(アイデアづくりの最終目的は問題解決であるのは間違いないのですが)


    あと他のアイデア本に載っていない項目は、前半の一次産業に偏っているので、二次産業の方はもう少し強化した方がいいかもしれません(昨日お送りした目次だと、他にないのは、テヅカチャートとグレマスのスキームぐらい)。

    一次産業本を先に出すのもミソです。「原石」扱いすると、一次産業本だけだと役立たず感が出てしまいますが、「今まで出てこなかったアイデアを収穫する」みたいな触れ込みで先に出ると、独立した書物として成り立つだろうと。
    言い訳みたいに付け加えると、アイデアづくりは完成品まで行かなくても役に立つ場面は多々あって、たとえば今回のケースのように「バルーン」のメタファーで考えていた構成について、別の括りを考えるためには、自分思考の向きを変更すればいいので(今回は「つくる」というキーワードでNM法を使って「産業構造」のメタファーを得ました)、一次産業的発想法だけでも役に立つ訳です。





    5.「独学論、やりたいんでしょ?」

    先に触れたが、石黒氏と最初にあったのは、『アイデア大全』が出た後の2月(2017年)、次回作の問題解決大全の打ち合わせのためだった。

    普通の居酒屋がいいという石黒氏のリクエストに従い、駅近くのエレベータで上がったところにある、チェーン店でない店を選んだ。

    石黒氏は芋焼酎ソーダ割りを頼んだと思う。

    「『問題解決大全』は8月に入稿できれば、半年の預託期間に間に合えば抱き合わせで売れる、って営業サイドの声もあるんですけど、せっかくの2冊めです、自分としては質を優先してほしい」



    といった話をしてもらった。

    こちらからは

    「『問題解決大全』は、リニアな問題解決とサーキュラーな問題解決の二部構成にしたいです」



    と話して、サーキュラーな問題解決について説明した覚えがある。うまく話せなくて、この時点では石黒氏もピンと来ていない感じだった。

    「その、サーキュラーな問題解決って、ほんとに書けますか? 書けたらすごいことになると思うけど」




    「ところで、他社からオファーきてますか?」
    と石黒氏が切り出した。
    「ええ、いくつか。でもまだ一冊目が出たばかりですよ」
    「どんどん来ますよ。読書猿の聞き方、話し方、みたいオファー来るかも。そういうのは、断った方がいい」
    「へえ」
    「うちで読書論、やりませんか? 何を読むか、どう読むかー読書弱者のための読書術」
    「いいですね」
    「他からどんな話あります?」
    「以前からブログを読んでらしたって編集者の方から、こっちはまだテーマ決まってません。あと、独学の本をお願いしたいっていうのが」
    「ああ、それはやったほうがいい。読書猿さん、独学論やりたいんでしょ? というか、うちでやりたかった。実は、会社からは『囲え』って言われてるんですよ。でも、自分としては、いろんな会社、いろんな編集者と仕事をしてほしい。大きくなって帰ってきてください(笑)」
    「はい(笑)」
    「売れて帰ってきてほしい気持ち半分、持って行かれて悔しい半分です」


    別れ際、

    「編集者と会った裏話、ブログのネタにしていいですから」



    と石黒氏は言った。

    ブログに書くまで3年かかった。

    読書猿を本を書く世界へ導いてくれた石黒氏へ、
    この文章は、一方的に受け取った、あなたからの宿題です。